伝統的な天井様式「格天井」

当店の技術は、全国各寺院で証明されております。

 格天井とは、日本や中国、台湾などで多く見られる、木材を使った伝統的な天井様式です。最も格式の高い天井様式といわれ、有名なお寺や神社、お城の天井に多く使われています。二条城二の丸御殿や日光東照宮外陣などの格天井が有名です。
 和室の様式は、高い順に「真」・「行」・「草」の3つの格式に区分され、格天井は「真」の格付けにあたります。使われる場所は、和室、玄関、玄関ホー ル、廊下など多岐にわたります。
 一般住宅でも広く取り付けられており、弊社の納品先のほとんどが一般住宅です。最近の住宅では和室が少なくなり、「1部屋しかない和室だから良い部屋にしたい」というお客様にご満足頂ける商品です。










 

オーダー格天井

現場の寸法に合わせて製造

 ●現場寸法に合わせ製作できます。
 ●取り付けが容易です。
 ●微調整が利きます。

 ■間取りの例
  従来の規格品とは違い、上記のような、いかなる変形の間取りでも現場の寸法に合わせて製造可能です。


天然木突板使用

 ●集成材を使用しているため無垢材に比べ安価に製造
  できます。
 ●狂いが少なく、安心です。
 ●内地産赤杉、桧、欅、など、表面材に突き板を貼って
  いるため現場に合わせて選択できます。













格縁 組手(従来の組手越加工)


廻り縁 組手(大入れ加工)